スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ にほんブログ村 病気ブログ 永久気管孔へ にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

ショートステイへ


かずまが、ショートステイで利用している施設は、3つの病棟に分かれています。


比較的、医療的ケアが必要でない病棟。

日常的に、医療的ケアが必要な病棟。

高度な医療的ケアが必要な病棟。


かずまは、その段階を経て、今回、高レベルな病棟でのショートステイとなりました。

良いのか悪いのか…。

でも、今まで以上に、丁寧に見てもらえるのだろうと期待して、良しとします。

分離して誤嚥の心配がないので、お昼ご飯を経口でお願いしました。

施設側も誤嚥の心配がないので、問題なく、OKです。

分離術は、まだまだ、あまり知られていません。

分離術を選択した私に、

お母さん、頑張りましたね。

口から食べることに、こだわっているのですね。

と、言う医療関係者の方も多いです。



でも、私的には、



もし、口から食べないでいることで、

手術を免れるのなら、

食べない方を、選択します。


気管切開か喉頭気管分離か

の選択だったので、

迷わず

喉頭気管分離を選択しました。


確実な結果が欲しかっただけです。


100%

誤嚥性肺炎しません!

という保証が欲しかっただけです。




そのおまけで

口から食べること

を貰ったと思っています。


折角、頂いたおまけなので、有り難く、使わせて頂きます。


かずま、ちゃんと、食べれたかな?

まだまだ、かずまと離れる夜には、慣れませんが、

頑張って寝ようと思います。


それが、レスパイトケアなのですから。


在宅医ケア介護ママの、平均睡眠時間が

5時間以下なんですって。

確かに、私もそうかも。

なので、頑張って眠ります。

これからは、私の体力勝負です。







にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ にほんブログ村 病気ブログ 永久気管孔へ にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
スポンサーサイト

気管孔エプロン


カニューレフリー生活、順調に続いています。

気になるのが、

フリーにすることによって、

気管の乾燥。

冬場は、特に注意らしいです。

ほこりの侵入も気をつけないとです。


綿棒で、気管孔のケアをしている時、

今、手を離して綿棒がポトンと穴に落ちたら…😰

気管も真っ直ぐではないので、

奥底へ落ちることはないと…

思うのですが、この緊張感は、ずっと持っておかなくては。

手術前から、研究していた

気管孔エプロン

市販でも購入出来ます。

エプロン

でも、今ひとつ。

あ~でもないこ~でもないと悩んだ結果。








肌触りの良いハンカチに、紐通しを縫い、100均で、肌触りの良い紐を買い、出来上がりです。

お風呂の時もそのまま、入ります。

厚めのガーゼ生地なので、吸水力も良いです。

かずまの表情にも、ニヤける余裕が出てきました。



にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ にほんブログ村 病気ブログ 永久気管孔へ にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

カニューレフリー②


うつ伏せマットの、修理はまだですが、

うつ伏せしたい…。

枕を追加して、気管孔の下に空間を確保。

乗った瞬間、痰がたら~り。

ティッシュでキャッチ!

その後、ゴロゴロなしで吸引の必要もなし。

いいじゃん💗

気管孔周りの、汚れも綺麗に拭けます。

入り口近くの痰なら、綿棒でくるっと。

気管孔の奥も覗けます。

神秘的です。

カニューレ、いらなくないですか?


でも1つだけ心配なこと。

カニューレしてないと、気管孔が小さくなることがあるらしい。

そうなると、かずまの呼吸が苦しくなるのかな?

サチュレーションの上がりが悪くなるのかな?

気管孔をひろげる手術が必要になるのかな?

今月末に、耳鼻科と小児科の受診があります。

カニューレフリーのOKをもらいたいなぁ~

まずは、耳鼻科のDr.を味方につけなくては。




にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ にほんブログ村 病気ブログ 永久気管孔へ にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

カニューレフリー①


喉頭気管分離術の場合、

永久気管孔なので、穴が閉じることはありません。

なので、基本、カニューレなしでもOKです。

その場合、首元に、穴がむき出しになります。

その辺は、スカーフなり、スタイなり、巻いても良いとの事。

私的には、それでいきたいと思っていました。


でも、小児科の担当医は、

吸引する時に、直だと、気管にあたって肉芽が出来るかもしれないし、穴が塞がる可能性もあるので、カニューレをつけた方が良いとの事。

結局、カフなしカニューレをつけての退院となりました。

2~3週間おきに、カニューレを抜いて水洗いし、元に戻します。

カニューレには、内筒がついてて、それは、1日1回取り出し、水洗いして戻します。

それは、私の管理です。

1番嫌なのが、カニューレに触ると、かずまがすっごい嫌がる事。

ガーゼ交換の時も吸引の時も、何するにしても、ガタガタ、手を震わせ、顔を真っ赤にして、抵抗します。

1日、何回、そんなかずまを見ればいいのかな?

退院の翌日。

カニューレ交換の日です。

どうせ、抜くのだから、少しの間、フリーにしてみようかな?

その日から、1週間たちました。

いまも、フリーのままです。

小児科のDr.に言ったら、怒られそうなので内緒です。

でも、


フリーにして、すっごい良いの。


つづく…。




にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ にほんブログ村 病気ブログ 永久気管孔へ にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

お家での生活が始まって


喉頭気管分離術に至るまで、手術のこと、退院まで…。

のお話は、

かずまの入院カテゴリーをどうぞ。

こちらでは、少し、生々しい話になるかもです。

今、喉頭気管分離術をすすめられている方。

迷っている方。

どんな感じなの?って、思っている方。

経験者として、少しでも、お話出来ればと思っています。



と言っても、

退院して、まだ4日。

本当は、どなたかのアドバイスを頂きたいのが、本音です。

でも、何らかの形で、この記事にたどり着いた方のお力になれたらと思っています。


それが、何年後かに、この記事を読んだとしても…。






にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ にほんブログ村 病気ブログ 永久気管孔へ にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。